血栓症の方がトラネキサム酸を使えないわけ

トラネキサム酸は肝斑への美白作用があることで現在ではコスメ製品に応用されたり、飲み薬やサプリメントに配合されています。
肝斑はシミのように肌が色素沈着を起こした状態で女性ホルモンの影響により30代や40代の女性にできやすく、紫外線や生活習慣の影響でさらに色が濃くなったり目立つ場合がありますが、一般的な色素沈着によるシミと異なり、レーザーなどによる治療が難しいのが現状です。
その中で確実に効果があるとわかっているのがトラネキサム酸です。
クリニックなどでも処方されるトラネキサム酸はアミノ酸の一種でもともとは止血用として用いられていました。
固まった血を溶かす作用が活性化しすぎるのを抑えるためです。
血を溶かす物質はプラスミンといい、紫外線により同時に肌に炎症を起こす作用が同時にあるため肌の色素沈着が起こりやすくなります。
トラネキサム酸は色素沈着が起こるプロセスの中でもプラスミンを阻害することでメラノサイトを不活性化させるため、現在は美白用として転用されています。
このような性質をもつため、トラネキサム酸は健康体の人が使用する分には問題ありませんが血栓症の病状がある患者が飲むと血がさらに凝固してしまい、血管の中でつまるため脳梗塞や心筋梗塞を起こす危険性があります。
そのうえ肝臓にも負担がかかります。
トラネキサム酸は継続して飲用しないと効果が出ないため、長期間にわたって服用することになるのも理由のひとつです。
飲み続けると数か月でシミが薄くなっていきますが血栓症が多い家系の場合、本人はかかっていなくても事前に医師に相談した方が安心です。
トラネキサム酸が配合されている化粧品を肌に塗る分には問題はありません。