美容のために肌ケアで美白の顔

肌の色はメラニン色素の量によって決まるので、美白の顔を目指すならメラニン色素の量を少なくする必要があります。ですがメラニン色素というのは紫外線から肌を守るためのもので、メラニン量が少ないと、肌に紫外線が入り込み細胞を破壊してしまいます。最悪、細胞がガン化することもあるのです。
美肌に効くという肌ケア製品は、肌が紫外線を受けた時に、メラニン色素を出す信号をブロックするというもので、メラニン色素を出したり減らしたりするような効果はありません。またメラニン色素を出さないまま紫外線を浴び続けると肌に悪影響を及ぼします。ですので美白用の肌ケア製品だけに頼ると、肌が荒れるばかりで美容に悪い結果を及ぼします。
では美白を目指すためにはどうすればいいのか。極論ですが紫外線を浴びないことです。次に肌の新陳代謝を上げて、メラニン色素を排出するという方法です。
既に出来てしまったメラニン色素は代謝と共にアカとなって剥がれ落ちていきます。適度な運動を心がけ、入浴によって汗をいっぱいかくことで代謝は上がります。その際は顔のリンパマッサージを忘れずに行ってください。新陳代謝を上げることで、健康にも美容にもいい結果が生まれます。
お金をかけて肌ケア製品を買うくらいなら、安全なUVカットや、自然な肌ケア製品にお金をかけましょう。また代謝を上げるためにジムで汗を流すなど、美容と健康を両立できることをするといいでしょう。
紫外線は夏場の陽射しだけではなく、曇りの日でも降りかかってきます。実は曇り空の隙間から差し込む陽射しの方が、紫外線量が多いことも分かっています。なので陽射しからはなるべく避け、外出時はUVカットクリームを塗ったり、日傘を差すのを忘れないようにしましょう。