トマトを食べた感想「とても美容にいい気がする」

昔からトマトは体にいいと言われ、「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言うことわざは広く知られていますね。それほど栄養価の高いトマトは日本人の食卓で欠かすことの出来ない野菜となっています。野菜サラダに赤い野菜は欠かせませんね。食卓が華やかになります。また、スープなどの煮込みにもよく使われている万能の食材です。その真っ赤な色を見ていると何だか元気が湧いてきそうな気がするので不思議です。トマトは食べるだけで健康になるだけでなく、美容効果も非常に高いことは良く知られています。トマトと言えばリコピンですが、リコピンは赤色の元になっている色素成分ですが、強力な抗酸化作用があり、血液をサラサラにすると言われています。また、リコピンは脂肪を燃焼させてくれる効果があることから、肥満を予防しダイエット効果があるという感想が多く寄せられています。活性酸素を取り除く作用は美白やコラーゲン生成促進にも絶大な効果を現し、美肌効果などの美容面においても有効であるといった感想も寄せられています。リコピンを摂取することによって体の内側から若返ることができ、高い美肌効果が期待できるのです。健康や美容に高い効果があるトマトですが、いつ食べれば一番効果的かと言うと、夜の摂取が一番効果大だと言われています。リコピンは体に入ってから6~8時間後に細胞に行き渡るそうです。寝ている間に細胞がきれいになり、朝起きたらお肌がピカピカになっているなんて素晴らしい効果ですね。ただ、トマトは体を冷やす食べ物として分類されています。冷え性だったりお腹を壊しやすい体質の人は、煮たり焼いたりして料理して摂取されることをお勧めします。健康のために美容のために、毎日でも食べたいという感想でした。