肝斑を治したいならトラネキサム酸

肝斑はシミの一種ですが30~40代にかけて現れてくる独特のもので、左右対称にハッキリとした輪郭はなくモヤモヤと広がるようにできるのが特徴的です。
この肝斑の大きな原因には紫外線などの外部からの刺激、そして女性ホルモンが関わっているとされており、他の種類のシミと対処法が違う部分もあるので注意しなければなりません。
改善、予防にあたり肝斑に有効な成分としてOTC医薬品として改善の効能が認められているものにトラネキサム酸というものがあります。
これは人工合成で作られたアミノ酸であり、必須アミノ酸のリシンが元になっています。
そしてトラネキサム酸は私たちの日常の生活で実はとても身近なものにも含まれており、代表的なものには歯磨き粉や口内炎の炎症をおさめる治療薬などがあります。
トラネキサム酸の大きな役割は抗プラスミン作用とされており、炎症の原因となるプラスミンを抑制する働きをします。
このプラスミンは刺激誘因物質により活性化させられてしまうとメラノサイトに情報伝達され、メラニンの生成を促進させてしまいます。
過剰に蓄積されたメラニンはやがてシミへと変化してしまうのです。
そのためプラスミンをブロックできる働きを持つトラネキサム酸を用いての対策は有効とされているのです。
そして使用するにあたり安全性を高めているのが女性ホルモンへの関わり合いです。
肝斑のできるメカニズムには女性ホルモンの影響を大きく受けているとされていますが、トラネキサム酸は女性ホルモンに対しての働きは認められておらず、直接は影響し合わないものとなっています。
そのため使用しても女子ホルモンを薬の作用で左右することは少なく身体的な負担が少なく済むのも利点のひとつです。